新田達路

自動車事業部商品部 次長 新田達路

1979年生まれ。2001年入社。ハイエース千葉北店の責任者を務めつつ、ハイエース店の統轄店長を兼務。現在は自動車事業部商品部の次長を務める。

最初の2年はまったく売れないセールスでした

2001年、22歳のときにフレックスに入社しました。今でこそフレックスは全事業で70店舗を構えていますが、私が入社した頃は8店舗しかありませんでした。現在はハイエース店、ランクル店がフレックスの事業の主軸となりましたが、当時はランクル専門店が立ち上がりはじめたばかり。いいタイミングで入社できたので、その後のハイエース専門店の立ち上げと全国への店舗展開に携わることができました。

と言っても私が特別優秀だったワケではありません。同時期に入社した同僚が半年や1年で新店舗の店長になっていくなか、店長になるのに7年かかりましたから。特に最初の2年ほどはまったく売れないセールスでしたね。売れないセールス時代は危機感が無かったんだと思います。「なぜ自分は売れないのか」、「自分に足りないモノはなにか」を真剣に考えはじめて、3年目からトップセールスになることができました。

各店の成功事例を吸い上げ、共有するのが重要な仕事

ハイエース千葉北店はハイエースの新車、中古車の在庫車両数がおそらく日本一の店舗です。また、ハイエース専門店の最初の店舗だったこともあり、千葉北店で上手くいった取り組みが全国のハイエース各店に広がっていきます。そのため、ただハイエースを販売するだけではなく、人気のカスタムパーツを取り付けて納車したり、お客様の使用用途にあったシートカスタムを提案したり、お客様が求めるサービスを突き詰めてオリジナルパーツの開発もするようになりました。

また、千葉北店以外の店舗で試みて成功した情報も吸い上げ、全国の店舗に共有することにも取り組み中です。各店舗の店長はそれぞれ一国一城の主でお互いにライバルでもあります。そのため、自分のノウハウを隠しがちなんですが、会社として成長していくには情報共有が重要ですし、オリジナルパーツの開発など共同で取り組んだ方がいいこともありますからね。

社員インタビュー

Interview

お問い合わせ先

フレックス株式会社 総務部

TEL:03-3470-0111 / FAX:03-3404-0458